gallery diary

factory zoomer/gallery diary


31st exhibition 松林誠展のお知らせ

9月21日(金)から、版画家の松林誠さんの展覧会がはじまります。

版画や素描の作品がギャラリーを彩ります。ぜひ足をお運びください。

 

 

factory zoomer / gallery
31st exhibition

matsubayashi
makoto

 

2018.09.21 fri.- 10.14 sun.
11:00 →18:00

 

music :
Holger Czukay / Cinema

 

 

絵のある生活

 

たまに訪れる実家の玄関や居間の絵が掛け替わっていると、「あー、まだ大丈夫だ」と、気持ちがポンと明るくなる。昔から、家の絵を替えるのは父の仕事のようだ。特にルールがあるわけではなさそうだが、春には菜の花、夏にはカンナ、秋には秋桜、正月には日の出や干支など、絵を飾るという小さな行為が、愛おしくも有難く、私自身がモノを考える時の一つの指標に、なっている気がする。
さっ、その絵についてだが、そもそも、絵を描くということは、私たち人間の本能的な欲求だったのではないかと思う。幼い子が字を習う前に、誰が教えなくても描き始める。それは誰かに何かを伝えたかったり、人を喜ばせたかったりとの純粋なコミュニケーションのスタートラインのような気がする。今回紹介する松林さんも本能的に絵を描くタイプだ。アトリエには書き殴られたGEKKOSOのスケッチブックが何十冊もある。決して、口が上手ではない彼が、絵でもって話しをしてくれているような気持ちになった。多くの人は、成長するにつれ、頭に知識が詰め込まれ、絵を描く必要がなくなる。それと同時に感情表現のスイッチの感度も鈍くなっていく気がする。まさに、うちの父は理系で、エンジニアで、すごく無口で、人に「ありがとう」も「ごめんね」も云えない人だ。ただ、家の絵が秋桜に替わっているのを見ると、「今年も半分終わったね」みたいな声が聞こえるのだ。

辻 和美


同時開催:9月21日(金)〜10月14日(日)ミナペルホネン金沢店にて「赤木と松林と。」展

 

 

松林誠 経歴
1962年 高知県高知市生まれ
1986年 創形美術学校研究科版画課程修了
2000年 パリ国際芸術会館に一年間滞在し活動
2003年 セブンデイズホテルプラスのアートワーク


中本さんのピッチャー

いつもどうやって使うか迷うけれども、どうしても心惹かれてしまう形があります。
先日ご紹介したフタモノと、今回ご紹介するピッチャーや、片口など注ぐものです。


/galleryで色々な作品をご紹介させて頂いていると、フタモノやピッチャー好きは結構多くいらっしゃるのではないかと感じます。
磁器、陶器、ガラス、木工など、素材がどのようなものでも、この2つの形は人気者です。

 

どちらの形にも共通するのは、【+αの動作】が伴うものだという事ではないでしょうか。
フタモノはふたを開けないと中のものの出し入れが出来ません。
ピッチャーも、ピッチャーが直接的な食器になるという事はほぼなく、そこからお水やお茶を注いで使います。
忙しい方から見ると、効率的ではなく煩わしいことのように思えるかもしれないこの動作が、ゆとりのある時間を感じさせてくれ、その非日常的な時間の使い方に、心地よさを感じる事が出来る。みなさん、こういった豊かさが味わえる部分に惹かれるのだと思います。

 

中本さんは「水が綺麗な国に住んでいるから、食卓には水をいれる綺麗な片口があった方が良い」と思われて、この手付きの片口を作られたそうです。
いつもと同じなのに、中本さんのピッチャーから注いで飲む水は特別感があり、直接コップに注がれた水よりなぜか美味しく感じます。

それは、作品の使われている食卓の風景を思い浮かべながら制作される中本さんの気持ちが、作品を介して、しっかり使い手に伝わっているということなのでしょう。

 

忙しい日々の中、時々は食卓に水差しを用意して、ゆったりとした時間を過ごしてみてください。きっと中本さんの作品のように、豊かな、おおらかな気持ちになれると思います。

 

9月15日 16日は、前回ご紹介した中本さんのアフガン鉢を使って、スープを召し上がって頂けます。

ダイニングキッチンのような/galleryで、中本さんの作品を使う時のゆったりと優しい気持ちを味わって下さい。

 

中本純也展は9月17日(月・祝)までの開催です。

ぜひ、ご来店下さい。お待ちしております。

(n)

 

 


中本さんのアフガン鉢

アフガン鉢とは、アフガニスタンの家庭で使われてきた、煮込み料理をいれたりする食器。

厚みがあって大きく、絵付けも自由で、何ともおおらか。

そんな雰囲気に惹かれた中本さんが作るアフガン鉢をご紹介しようと思います。

 

この器、実は料理家の方に大変人気があります。
シンプルな器はたくさんありますが、ガンガン料理を作って盛る、食べる。

それに余裕で応えてくれる。使ってこそ、底力を実感できる器。
そういう器は、実はなかなかないのかもしれません。
アフガンな空気感を含みながらも、白磁の繊細な色調と、薪窯の織りなす自然の美しさ。
そこに、中本さんの頑固なこだわりと、技量の高さが加わっていることが、ひと味違う、底力の理由なのでしょう。

そして、ここの部分は、表に出ないようにしているところがまた...中本さん、にくいですね。
とにかく、使ってみて下さい。
どんな料理も美味しそうにみせてくれるのは、間違いなさそうですよ。

 

中本純也展は9/17(月祝)まで開催中です。

ぜひ足をお運びください。お待ち致しております。

(s)

 

 


中本さんのフタモノ

中本展が始まり2週間が経ちました。

皆様それぞれのお気に入りをお選びくださっています。

 

今回は、フタモノをご紹介します。

 

フタモノ

大小さまざまなサイズ。李朝の形を基にしています。李朝の器というと、端正で緊張感のあるイメージですが、中本さんはあえて、一つ一つ形に違いを持たせてあたたかみのある印象に仕上げているそうです。フタモノは食品や調味料を保存するのにぴったりです。中本さんの器はあまり色移りもしないので、日常使いに適しています。小さなサイズは食器としてもご使用いただけると思います。

 

糸頭

今展の為に初めて作って下さった作品です。轆轤成型の終わった素地を轆轤から切り離すために用いる切り糸の跡が綺麗だったため、あえてわかりやすく残して蓋にしています。そのため、糸頭と名付けたそうです。シンプルですが個性があります。糸の跡が年輪のようです。土の動きも感じられます。蓋が内側まで入っていて、適度に密閉してくれるので、湿気が入りにくく、お塩やお砂糖を入れても良いかと思います。その他、ナッツなども合いそうです。

 

とても穏やかな中本さんのお人柄があらわれているような気がします。

一つ一つお色味や質感など異なりますので、ぜひお手にとって見比べてみて下さい。

いつもの調味料入れを変えるだけで、毎日の家事が楽しくなるきっかけになってくれるかもしれません。

 

9/1(土)、9/2(日)は、中本さんのカップを使ってコーヒーをお召し上がり頂けます。実際に中本さんの器をお使いいただける良い機会です。皆様のご来店を心よりお待ちしております<F>


見るおおらかさ と 使うおおらかさ

残暑が厳しい今日この頃。

中本純也展も2週間が経ちまして、沢山のお客様にご覧になっていただき、リピートしてく来てくださる方は、使ってみて良さを実感してくださりとても嬉しく思っています。

 

さて、中本純也さんの作品は、ズーマ/ショップで取り扱いを始めてからかれこれ4年ほどになります。初めて見た時の印象が、おおらかな器だなぁと思ったものです。そして、使ってみると、これまたおおらかな器だなぁと感じました。当たり前のような顔をしていますが、そこに中本さんの使う人への愛を感じるのです。見るおおらかさ と 使うおおらかさ を実感しました。そして今回中本さんにお会いして、おおらかさと、無骨さと、繊細さと。。。この方が 使いたい器、作りたい器、中本さんの手から生み出されることがわかった気がします。

 

今日は中本純也展の作品の中から、ポットと茶壺、茶杯のご紹介を致します。

 

 

中本さんのポット。ショップにも何度か納品していただいていますが、今回のポットもなんともぽってりと愛らしい形をしており、なにしろたっぷりと入ります。ポットはそれぞれの作家さんの個性が出やすい作品だなと私は思っており、トロンとした肌もさることながら、このどっしりとした存在感や佇まいは中本さんならではな作品だと感じています。そして、細部までのこだわり。当たり前のような顔をしてたたずむポット、使い始めると、水切れの良さ、蓋のつまみ、持ち手、日常生活に何のストレスもなく溶け込むように作られているのです。

 

茶壺(チャーフウ)と茶杯は、中国茶を淹れるお道具です。中国や台湾では、みんなで団欒をしながら中国茶を飲む文化があり、ファクトリーズーマも中国茶に親しむ機会が増えており、中本さんの器は中国茶の雰囲気に合うなと思います。古いもののような、でも今を感じるような...そんな佇まいをもつ茶壺と茶杯です。

中本さんが日常生活の中で、使う というしっかりとしたイメージを持って作品作りをされているのが伝わってきます。そして、使い手も、イメージが膨らみ、どんな場面で、誰と、どんな風に使うのか風景が浮かびあがる茶壺と茶杯です。

 

今回の中本純也展、週末には「中本さんの器を使ってみませんか?」企画を開催しております。明日、明後日の企画は、「中本さんのアフガン鉢で味わうスープとパン」冷たいスープと、月とピエロさんのカンパーニュのセット(¥1000)をお召し上がりいただけます。

そして/shopカフェにて、中本さんの器でいただくカフェメニューを提供しており、今回ご紹介した「ポット」で紅茶を提供しております。/galleryで見る中本さんの器、/shopで見る佇まい、きっと違う表情を見せてくれます。ぜひともどちらにも足を運んでいただければと思います。心よりお待ちしております<y>

 

 


白磁のグラデーション

毎日暑い日々が続いている金沢です。
金沢市広坂の/galleryでは8月10日より中本純也さんの展覧会が始まっています。


大きな食器棚のような棚に積み上げられた中本さんの作品は、重ねる事で、その色の違いやグラデーションが美しく、青みがかっていたりグレーがかっているなど、様々な白の変化を感じる事が出来ます。

 

 

中本さんは、作品を作られる前に、どんな使い方をするか、何を盛って使おうか、などを考えられるそうです。
それにより、口元の形や厚みを変えたり、窯入れの際の重ねる向きなどを決めたりなさっていて、そういった細かな配慮が、中本さんの器の使い易さにつながっているのだと思います。


白磁の作品は、生地が乾燥して行く時に土が大きく動き、土が大きく動き変形するそうで、通常、磁器の作品はその後にしっかりと削り出して形を作っていきます。
中本さんの作品は、その乾燥する時の「土のなりたい形」を大事にされていて、乾燥後にあまり手を加えていません。

手を加えすぎず、作品自体に自由度を持たせる事で、中本さんの作品の持つ大らかさは生まれるのだと感じます。

ぜひ、白いダイニングのような /gallery へ、おおらかな白磁の作品を選びにいらしてください。

 

 

週末には、中本さんの器を使って頂くイベントをご用意しています。


今週末の8月18日(土)19日(日)は、フタモノとスプンを使って、アイスクリームを召し上がって頂けます。
ぜひ実際に使ってみて、中本さんの作品を使う心地よさを体験して頂ければと思います。
ご予約不要ですので、お気軽にスタッフにお声がけ下さい。

(n)


中本純也展 本日からです

本日より、金沢市広坂の/galleryでは、中本純也さんの陶器の展覧会がはじまります。

ギャラリー店内は、ダイニングキッチンを連想させるような展示で、

中本さんの器の色調の中に、色とりどりの食材を想像してしまいます。

本日は、中本さんも在廊されていますので、ぜひいらしてください。

お待ち致しております。

(s)

 

 

 


strange to meet you

早いもので、light years展も今週末までとなりました。

「strange to meet you」を合い言葉にしているlight yearsさんらしく、

私たちの想像する「編んだもの」を超えるユニークなアイテムが揃った今展覧会。

今回は、まだご紹介できていないちょっと珍しいものをご紹介します。

 

◯トゥアレグ族のゴザ

今回、土間で靴を脱いで頂くスタイルとなっており、サンダル履きでいらっしゃる方も、靴を脱いで頂くので裸足でお上がり頂く事になります。

その際にゴザの上を歩かれ、皆さまその気持ち良さに驚かれていらっしゃいます。

店内に大きく広げて敷いてあるゴザ、このゴザはモーリタニア(モーリタニア・イスラム共和国)に暮らす、砂漠の遊牧民「トゥアレグ族」がテントの中に敷いて使っていたものだそう。

葦(アシ)とラクダの革でできています。

色が濃い茶色になっている箇所は革の素材で、細く切った革を使い模様を付けながら編まれています。

両サイドに入った赤いラインや、革のフリンジがポイントになっており、葦の割れもほとんどなく、美しいゴザです。

 

 

◯インドのテーブル

「編む茶会」でも活躍したインドの古いテーブルです。

床座でくつろぐ時や、飾り台に使うのに良さそうな木製のテーブルは、元々はどんな事に使われていたのでしょうか?

信仰心の厚い方が多いインドなので、祭壇の前でお供え物を置いたりして使われていたのではと予想しています。

足の形もちょっとコロンとして可愛い形をしています。

 

 

 

◯ナガ族の帽子

ナガ族は、インド東北部、ミャンマー国境上に沿うナガ丘陵のナガランド一帯に暮らす人々の事で、いくつかの民族があるそう。

とさかのような装飾のこちらの帽子は、新年を祝うお祭りの時、民族ごとに踊りを披露する際に男性がかぶる帽子です。

蔓のような天然の素材で編まれており、シルバーのビーズや貝などで装飾がしてあります。

帽子スタンドもセットになっておりますので、飾り棚などにすぐに飾って頂く事が出来ます。

 

 

ライトイヤーズ展は、8月5日(日)までです。

他にもライトイヤーズさんのセレクトならではのカゴやバッグなどございます、ぜひご覧になりにいらしてください。

ご来店お待ち申し上げております。

(n)


中本純也展のお知らせ

8/10(金)から、中本純也さんの陶器の展覧会がはじまります。

中本さんの器をお試しいただける週末ごとのフードイベントもお楽しみに。

 

 

30th exhibition

nakamoto junya

 

2018.08.10fri.-09.17mon.
11:00→18:00

 

music :
武満徹/ギター作品集成
大萩康司/ EL ABRAZO
福田進一/ Cancion Mexicana

 

 

無国籍で無世代で

「もし東洋陶磁美術館に行ってなかったら、焼き物、続けていなかったかもしれんなー」と中本さんはいう。そう言われたら、行かないわけにはいかないじゃない。好きな作家のおすすめは、急に見たくなるもんだ。関西出張の時間を割いて行ったその美術館には、高麗、朝鮮時代の朝鮮、中国陶器を中心にした安宅コレクションを軸に4000点が収蔵されているらしい。たっぷりと覚悟を決めていったが、なんと、これが、フランス宮廷、西洋磁器の展覧会の真っ最中で、朝鮮陶磁は一部屋に小さくまとめられていた。
これでもかという、技巧的な装飾技術と完全に計算尽くされたシンメトリー型。 人間が作り出したモノなのに人間を拒むような神々しい西洋器物に対して、トロンと溶けそうな灰白色の肌、どんな食べ物も人も受け入れてくれそうな、どこまでも大らかな朝鮮の器。土が持つ揺らぎを最後は火の神に委ねる、そんな薪窯による仕事に中本さんは魅せられたのだろうか?しかしながら、決して彼の仕事はそれらの写しではない。優しさゆえに、いろいろなことに悩み、翻弄され、行き着いた彼なりの形がそこにはある。日本のモノとも、朝鮮のモノとも、西洋のモノとも言えない、確かに、今を生きる頑固で、ちょっと不器用な男の作るモノだ。自分自身の形ーそれはボンヤリと見えたり、隠れたりするものだ。ただそれをどこかで感じていたくて作り手は、作り続ける。 辻 和美

 

● 中本さんの器を使ってみませんか?いつでもお好きな時間にサーブします。
・8/11(土)、12(日)、9/1(土)、2(日)マグカップでコーヒー 500円
・8/18(土)、19(日)、9/8(土)、9(日)蓋物でアイスクリーム 500円
・8/25(土)、26(日)、9/15(土)、16(日)アフガン皿でスープとバケット(月とピエロ) 1000円

 

中本純也 経歴
1967年 大阪府生まれ。
素朴な焼物に憧れて、1999年より和歌山県龍神村にて、薪窯による器づくりをはじめる。
現在は磁器を薪窯で制作。

 


色んな国のかごバッグ

7月も終わりに近づき、暑い日が続いております。

ライトイヤーズ展も残すところあと10日となりました。

今日は、世界中の色々な、かごバッグをご紹介します。

 

◯メキシコのショルダーバッグ

豆や種などの食料を長距離持ち運ぶために使われていた丈夫なバッグです。

アガベの繊維を手作業にて撚り上げ、一本の糸で編み始め、最後のフィニッシュまで継ぎ目なく作るのが特徴です。

ざっくりと強度のある素材なのに、よく伸びるので、自在に変形させてお使い頂けます。

例えば、お財布と携帯、小物程度でお出掛けする際は、底を内側に織り込んで

コンパクトなショルダーバッグに。帰りに荷物が増えても、伸ばせばたくさん入ります。

また、インテリアとしても、吊るして使うと素敵です。

通気性がよいので、じゃがいもや玉葱、嵩張るゴボウもおさまります。

その他、タオルや衣類をいれて、ランドリースペースにもおすすめです。

また、使い込むほどに、茶色く渋い色合いに変化し、柔らかくなるのも楽しみですね。

 

◯メキシコの手提げバッグ(写真左)

とても使い易いと好評のかごバッグです。持ち手がビニールになっており、持ち易く、汚れたり切れにくいので安心です。

しっかりしているので、大切なお道具を入れて運ぶのによいというお茶の先生もいらっしゃいました。

和服にも洋服にも、カジュアルにもきれい目の装いにも合うので、夏は手放せないバッグになりそうです。

※欠品していた小さいサイズ、明日入荷予定です。

 

◯岡山県の瓶かご

瓶をいれるための籠。中身によってよく伸びるので、

様々なサイズのものが入ります。お酒の手みやげをさげて行くと素敵ですね。

水筒ホルダーにしてもかっこいいです。

また、中に巾着をいれれば、小さなバッグにもなります。浴衣にピッタリです。

長さが色々揃っております。

 

 

◯背負い籠

フィリピン、ルソン島の山岳地帯に暮らすイゴロット族に伝わる背負い籠です。

低地では育たない花や野菜を栽培していたそうで、山岳地帯を、植物などを入れて運ぶのに

作られたのかもしれません。

リュックとして使うのもよいですが、

底が木や竹でしっかりと作られており、安定性がいいので、

床に置いて、花生けにしても素敵です。また、壁に掛けることもできます。

 

light years展は、8/5(日)まで、金沢市広坂の

factory zoomer/gallery (21世紀美術館横)で開催しております。

涼やかな籠バッグを探しに、ぜひご来店下さい。(s)

 


<< | 2/17PAGES | >>

→ shop diary

スタッフを募集します。(2018/7/10)



●calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版