gallery diary

factory zoomer/gallery diary


コラージュバッグ

3月22日からスタートしたgirls forever 展も残すところあと1週間となりました。今日はgirs forever 展3人目の作家 藤田真由美さんのご紹介をいたします。

藤田さんは、なんとショップでの展覧会を含めるとズーマでは4回目の展覧会で、初めての展覧会は約10年前となります。藤田さんのカバンは唯一無二の作品で、回を追うごとにそれを益々感じています。
身体の中から惹きつけられる何かがあり、どうしても近くに置いておきたくなる。。。このカバンをどの服に合わせようかなと、挑みたくなるようなそんなバックです。

さて、藤田さんのバックの制作方法について少しご紹介いたします。
藤田さんは、偶然を使って必然をつくり、さらにそこから手間を加えることで複雑に見えたり、魅力が倍増したり。
と、ここまで読んで、なんのこっちゃ、と思いますよね。。。
まず、パッチワークしている布の組み合わせは幾通りもあり、パッチワークする枚数が多ければ多いほど、その組み合わせは倍増します。組み合わせは必然のような偶然のような作業です。
そしてそれらをチクチクとつなぎ合わせ、さて、次はその布の上から刺繍(刺し子)をします。
この刺し子が布の模様や柄とは一見関係のないような、刺繍だけ見ると単純な円を描いていたり、直線だったり、雨のような斜線だったり、、と絵筆で一本一本描いているような感じなのですが、これらが群となった時に、元々の布の模様や、色、柄と相まって、それはそれは新たなハーモニーと驚きが生まれます!

 


藤田さんが意図している必然のような、でも絶対に偶然も必然にしているような、それをご自身が楽しんでらっしゃる、驚いていらっしゃるように思えてならないのです。
布と糸、色と柄でコラージュしているようなそんな感覚が感じられ、これがひとつのカバンとなり、そのカバンに共鳴した方はどうしても手元に、近くに置いておきたくなるのです。

 

ちょうど、藤田真由美さんのバックが追加で入荷してまいりました。ぜひ、出来たてホヤホヤの藤田真由美さんのカバンを見にいらしてください。展覧会は4/21(日)までとなります。ご来店心よりお待ちしております<y>

 

 

 



→ shop diary



●calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版