gallery diary

factory zoomer/gallery diary


懐かしくて新しいバッグ

桜の季節も終わりに近づきました。あたたかい空気に包まれた金沢の土地。これからは爽やかな新緑の季節がはじまります。

 

今回は、バッグを制作する作家さんでありながら、福岡県吉井町にてカバンと古道具を扱うお店「山下カバン」を営んでいらっしゃる、山下カオリさんのバッグと古道具をご紹介いたします。

 

海外の古布を用いて制作されている作品達。懐かしくもあり、新しくもある。どこか遠くの国から来たのだなと。そんな海外の空気とヨーロッパの爽やかな風を目と肌で感じることが出来ます。実際に手に取るとそれぞれの布の質感や厚みの違いがよくわかるので、バリエーション豊かな作品の中で、特に気に入ったバッグを探す楽しさも感じていただけます。

 

丸っこいカタチ、巾着のカタチ、肩のチカラの入っていない絶妙なカタチ。個性豊かな古布に山下さんのセンスが加わると、ホッと頬のゆるむ安心感が生まれます。可愛らしい柄でありながら、落ち着いた雰囲気も兼ね備わっている。古布の魅力ですね。

 

巾着とセットになったバッグも。やわらかな水色と白のコントラストが涼しげです。新緑の季節には巾着に水筒を、バッグにはサンドウィッチを忍ばせて、芝生へお出掛けしたくなる。そんな実際に外に出かけて使ってみたくなる物語性のあるバッグ。ストライプの向きの違いが良いアクセントになっているところにトキメキます。山下さんのバッグを見る度に布の可愛らしさを最大限に活かしていらっしゃるなぁと、感心してしまいます。

 


古道具もたくさんお持ちいただきました。
大きな椅子から、ちいさなモノまで。何に使われていたのだろう?と想像力を掻き立てられます。山下さんのお店は優しい時間が流れているのだろうな、と。吉井町のお店にも行ってみたくなるはずです。

 

girlsforever展も残すところおよそ一週間。ピンク色の春の雰囲気漂うこの空間とも、もうすぐお別れかと思うと、ちょっぴり寂しい気持ちになります。見納めにいらして下さいね。

(f)

 



→ shop diary



●calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版