gallery diary

factory zoomer/gallery diary


36th girls forever展 のお知らせ

次回の展覧会は、girls forever と題した、女性作家3名によるバッグの展覧会です。

参加作家は、岡林尚子さん、藤田真由美さん、山下カオリさんです。

 

36th exhibition

girls forever

 

2019.3.22fri.-4.21sun.

 

music :
Rachael Dadd / Summer/Autumn recordings
gal e caetano veloso / DOMINGO
St. Vincent / MassEducation

 

 

girls forever

 

「オリーブ少女でした!私のバイブルでした!」と白状すると、みんな私を見て、
少し笑みを浮かべ、「えー?」というような顔をする。なんだ、そのリアクション
は!こんなオジさんみたいな女にオリーブは似合わないっていうのか?いやいや、
オリーブ読者の半分はおじさんみたいな女の子だったと思うよ。ソバカスいっぱいの顔に長いブロンド髪をゆる〜くおさげにした、どこか異国のモデルさん、緩
めの靴下に布バッグを下げて長いスカート。手にはカフェオーレボール。もう写真に穴があくほど見まくった少女時代。今みたいにSNSなどはもちろんなく、数冊の強いメディアが私たち、ガールズを牽引していってた時代。オリーブに影響を受けない女子はいただろうか?それから雑誌はいろいろ移り変わり、仲間うちの女子のバイブルは、クウネルに取って代わる。そこには外人のモデルはもういなく、ご飯を普通に作ることや掃除のことやら、日々の暮らしのささやかな出来事の中にも胸がキュンとなることがあることを教えてくれた。この2冊は全く違うようで、実は繋がっているように感じるのは私だけだろうか?オリーブが海外への憧れを、クウネルが日本、そして、自分の足元をみつめることを教えてくれた気がする。今は、もっぱらスマホが世界との距離を縮めてくれている。ただ、1ページ1ページ、ドキドキしながらめくったバイブルが今の私たちを作ってくれたことは間違いない。今回は布バッグを作る三人の女子の展覧会です。私も少し参加する予定です。

辻 和美

 

● 3/23(土)、24(日)は、細井奈緒子さんのガーリーなデザートプレートをご用意致します。要予約。

 

 

作家と経歴

 

岡林尚子
1969年  高知に生まれる。20代半ばから、イギリスへ。高知のboncoinに勤務。松村ひろ子さんとの二人展にて、初めての展示会を開催。現在はフリーで、カバンを中心に布のものを制作している。

 

藤田真由美
2003年  bag作家としての活動開始。2004年以降、大阪saji、金沢factory zoomer、奈良くるみの木、東京R等、各地で年に一回程の展示活動を行う。

 

山下カオリ
1972年  福岡県に生まれる。2007年 吉井町でかばんと古道具のお店「山下カバン」をオープン。

 



→ shop diary



●calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版