gallery diary

factory zoomer/gallery diary


日常に寄り添う器

キムホノさんの器を見ていると、元気が湧いてきます。

お色、形、制作された年代までも違うはずなのに、それは全ての作品に共通しています。

どうしてなのかな?と何度も考えました。生地の力強さ。大胆に描かれた模様。そして色使いなど。様々な理由がありますが、一番はキムさんの真っ直ぐなお人柄が魂のように、作品に表れているのだろうな。と、思いました。

 

 

青色の器。キムさんの青色は、グレーでもなく、真っ青でもない。不思議な優しい青色です。見ているだけでも充分に素敵ですが、例えばサラダ等を盛ったら、お野菜の生命力を感じられて、食卓も元気になりそうです。そもそも、お料理は生きてはいないのですが、何故か、そう感じられるのです。

 

黄色の器。満月みたいな器です。カレー等のスパイス料理、カラフルなお料理も映えそうです。あとはおまんじゅうなんか乗せても楽しそうですね。無釉の器は、よりダイナミックに見えます。

 

白色の器。同じ白色でも、模様や形は様々です。模様の入っていない白磁の器は、ショップにてカフェオレを提供していた器です。ぽってり厚く、高台も高いので熱い食べ物も安心して召し上がっていただけます。私はこの器を鍋の〆に使っていますが、何故か、とんすいを使用する時に比べて、ワクワク度がとても高くなります。

 

シックな四角の器。お盆のように使用したり、お花との相性も良さそうなこの作品。実は、壁かけにもなります。今展ではいくつかの壁かけを展示しておりますが、それぞれ個性豊かです。

 

今回、個人的な感想が中心となってしまいましたが、当然、受け手の数だけ、感じ方は異なります。ブログでご紹介しきれない器も沢山ございます。まだまだ寒い季節ですが、器のパワーで心は温かくなります。是非、お手に取って作品の持ち味を感じていただきたいです。また、今回のブログではショップの作品もご紹介しております。ギャラリー、ショップ共にご来店いただけましたら幸いです。(F)



→ shop diary



●calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版