gallery diary

factory zoomer/gallery diary


キムさんの、生きる作品

先週の金曜日から始まった kim hono since 1985 selected by tsuji kazumi 展。

初期の作品から、最近のものまで、食器、オブジェ、壺、抹茶碗...。

キムホノさんのファンの方には、これだけの種類、年代のものを一度に見る事ができるのは

とても嬉しい機会なのではと思います。

 

さて、いつものように、作品について、作家さんの世界観、どんな方かなど、ブログでご紹介するのですが、

どうしても、言葉で表現するのが難しいのです。

陶器と言えば、まず、何に使おうか、どんな料理をのせようか、と考え、その使いやすさに感動するのですが、

キムさんの作品は、そういう事を考える間もなく、心に何かを訴えかけられる、そんな作品なのです。

とはいえ、それは自己表現のエキセントリックなものではなく、シンプルで力強く、心地よい。

それでいいよと肯定し、ただ、生きればいいと思わせてくれる、そんなメッセージです。

 

作品は、見る方それぞれ感じ方の違うものですが、

キムさんの眼差しの温かさは、作品をみていただければ、間違いなく感じていただけると思います。

ひとりでも多くの方に、実際の作品を見て頂きたいです。

(s)

 

kim hono

since 1985

selected by tsuji kazumi

 

2019年1月11日(金)-2月11日(月祝)
11:00→18:00

石川県金沢市広坂1-2-10(金沢21世紀美術館横)

factory zoomer / gallery

 

※犀川沿いの/shopでも、kim hono at the /shop 開催中です。詳しくはこちら

 

 

 

 

 



→ shop diary

スタッフを募集します。(2018/7/10)



●calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版