gallery diary

factory zoomer/gallery diary


strange to meet you

早いもので、light years展も今週末までとなりました。

「strange to meet you」を合い言葉にしているlight yearsさんらしく、

私たちの想像する「編んだもの」を超えるユニークなアイテムが揃った今展覧会。

今回は、まだご紹介できていないちょっと珍しいものをご紹介します。

 

◯トゥアレグ族のゴザ

今回、土間で靴を脱いで頂くスタイルとなっており、サンダル履きでいらっしゃる方も、靴を脱いで頂くので裸足でお上がり頂く事になります。

その際にゴザの上を歩かれ、皆さまその気持ち良さに驚かれていらっしゃいます。

店内に大きく広げて敷いてあるゴザ、このゴザはモーリタニア(モーリタニア・イスラム共和国)に暮らす、砂漠の遊牧民「トゥアレグ族」がテントの中に敷いて使っていたものだそう。

葦(アシ)とラクダの革でできています。

色が濃い茶色になっている箇所は革の素材で、細く切った革を使い模様を付けながら編まれています。

両サイドに入った赤いラインや、革のフリンジがポイントになっており、葦の割れもほとんどなく、美しいゴザです。

 

 

◯インドのテーブル

「編む茶会」でも活躍したインドの古いテーブルです。

床座でくつろぐ時や、飾り台に使うのに良さそうな木製のテーブルは、元々はどんな事に使われていたのでしょうか?

信仰心の厚い方が多いインドなので、祭壇の前でお供え物を置いたりして使われていたのではと予想しています。

足の形もちょっとコロンとして可愛い形をしています。

 

 

 

◯ナガ族の帽子

ナガ族は、インド東北部、ミャンマー国境上に沿うナガ丘陵のナガランド一帯に暮らす人々の事で、いくつかの民族があるそう。

とさかのような装飾のこちらの帽子は、新年を祝うお祭りの時、民族ごとに踊りを披露する際に男性がかぶる帽子です。

蔓のような天然の素材で編まれており、シルバーのビーズや貝などで装飾がしてあります。

帽子スタンドもセットになっておりますので、飾り棚などにすぐに飾って頂く事が出来ます。

 

 

ライトイヤーズ展は、8月5日(日)までです。

他にもライトイヤーズさんのセレクトならではのカゴやバッグなどございます、ぜひご覧になりにいらしてください。

ご来店お待ち申し上げております。

(n)



→ shop diary

スタッフを募集します。(2018/7/10)



●calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版