gallery diary

factory zoomer/gallery diary


色んな国のかごバッグ

7月も終わりに近づき、暑い日が続いております。

ライトイヤーズ展も残すところあと10日となりました。

今日は、世界中の色々な、かごバッグをご紹介します。

 

◯メキシコのショルダーバッグ

豆や種などの食料を長距離持ち運ぶために使われていた丈夫なバッグです。

アガベの繊維を手作業にて撚り上げ、一本の糸で編み始め、最後のフィニッシュまで継ぎ目なく作るのが特徴です。

ざっくりと強度のある素材なのに、よく伸びるので、自在に変形させてお使い頂けます。

例えば、お財布と携帯、小物程度でお出掛けする際は、底を内側に織り込んで

コンパクトなショルダーバッグに。帰りに荷物が増えても、伸ばせばたくさん入ります。

また、インテリアとしても、吊るして使うと素敵です。

通気性がよいので、じゃがいもや玉葱、嵩張るゴボウもおさまります。

その他、タオルや衣類をいれて、ランドリースペースにもおすすめです。

また、使い込むほどに、茶色く渋い色合いに変化し、柔らかくなるのも楽しみですね。

 

◯メキシコの手提げバッグ(写真左)

とても使い易いと好評のかごバッグです。持ち手がビニールになっており、持ち易く、汚れたり切れにくいので安心です。

しっかりしているので、大切なお道具を入れて運ぶのによいというお茶の先生もいらっしゃいました。

和服にも洋服にも、カジュアルにもきれい目の装いにも合うので、夏は手放せないバッグになりそうです。

※欠品していた小さいサイズ、明日入荷予定です。

 

◯岡山県の瓶かご

瓶をいれるための籠。中身によってよく伸びるので、

様々なサイズのものが入ります。お酒の手みやげをさげて行くと素敵ですね。

水筒ホルダーにしてもかっこいいです。

また、中に巾着をいれれば、小さなバッグにもなります。浴衣にピッタリです。

長さが色々揃っております。

 

 

◯背負い籠

フィリピン、ルソン島の山岳地帯に暮らすイゴロット族に伝わる背負い籠です。

低地では育たない花や野菜を栽培していたそうで、山岳地帯を、植物などを入れて運ぶのに

作られたのかもしれません。

リュックとして使うのもよいですが、

底が木や竹でしっかりと作られており、安定性がいいので、

床に置いて、花生けにしても素敵です。また、壁に掛けることもできます。

 

light years展は、8/5(日)まで、金沢市広坂の

factory zoomer/gallery (21世紀美術館横)で開催しております。

涼やかな籠バッグを探しに、ぜひご来店下さい。(s)

 



→ shop diary

スタッフを募集します。(2018/7/10)



●calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版