gallery diary

factory zoomer/gallery diary


食事が楽しくなる器

岩田圭介さんといえば、ポッテリとした形が特徴のポットを連想される方が多いのではないでしょうか。
ファクトリーズーマショップでも、岩田さんのポットとカップを使ってフリュイベールをお出ししています。
繰り返し使っているショップのポットは少しずつ貫入が入り、新しい頃とはまた違ったあたたかみを感じさせてくれます。


ポットやお皿、お茶碗など岩田さんの作品には日常的に使い続けていく楽しさのある作品が多数あります。

今回展示させていただいてる作品のなかから少しご紹介したいと思います。

 

◯ポット

まるで生き物のような愛嬌のある形がそこにあるだけで気持ちを和ませてくれます。

実際に使ってみていただくと、可愛らしい外観だけでなくその使いやすさも実感していただけると思います。

まあるい持ち手は握りやすく、お茶で大事な最後の一滴まで抽出しやすい形です。

 

◯貝の模様のアクセントの入ったお皿
溶けた釉薬が貝の模様の隙間に入り、型押ししたようなアクセントが生まれます。

アクセントのまわりは少し釉薬が厚くなっており、使っていくにつれて一枚のお皿の中でも様々な変化が見られるかと楽しみです。


◯口の広いお茶碗
少し広めの口のお茶碗は、お鉢としても使いやすくお料理の見栄えがしそうです。

会期には小曼さんの中国喫茶ではこのお茶碗を使って、中国茶を提供されてました。

広い口からふわっと広がる香りを楽しむ事ができます。

 

◯とり皿

フチが少し立ち上がった取り皿は、少しマットな釉薬を薄く施してあります。

とり皿としても使いやすく、一人分のおにぎりとお漬け物などワンプレートとしての使い方もおすすめです。

1点ずつそれぞれ異なった、ゴツゴツとした形がとても魅力的です。

 

岩田圭介展は5月27日(日)までの開催です。

ぜひ店頭でご覧下さい。お待ちしております。

(n)

 

 



→ shop diary

スタッフを募集します。(2018/7/10)



●calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版