gallery diary

factory zoomer/gallery diary


静かな器

岩田圭介さんの展覧会が始まって一週間。

ゴールデンウィークまっただ中の広坂は観光や帰省の方で賑わっておりますが、
定番で人気の急須や、一点ものの穴窯の作品を目当てに来て下さる方も多いです。


ギャラリーに並ぶ岩田さんの作品は、とても静かです。
とはいっても、波打った口元の形や軽やかな丸み、釉薬の表情も様々で、
均一的な静かさとは違っています。
地面の奥深くの引力を受けているように、まっすぐとそこに佇んでいる。
土で作られた陶器なのに動じない安心感がそこにあります。

 

そして、岩田さんご本人はというと、やはりとても、もの静か。
作品の説明も言葉少なく、スラッとかっこよい佇まいでいらっしゃるので、
少し緊張してしまうのですが、
ある時、ふと作品を持つ岩田さんの手を見て、ハッとしました。
静かさとは真逆の大きく分厚い手。
そこに大きな大きな想いと、それを培ってきた時間を感じてしまいました。

踊るように土をこね、薪を割り、窯入れし、わくわくと楽しんで窯から出てくる器たちを待つ

岩田さんの手は、時に言葉よりも雄弁なのかもしれません。

そんな熱量を含んだ静かな器は、どんな場所にあっても、横にどんな器がきても、
動じずにいてくれる。生活空間をぐっとよいものに引き上げてくれるそんな存在です。

 

ギャラリーの片隅には、こちらもまた静かな、岩田美智子さんの作品の場所があります。
夫の圭介さんの作品の横にそっと寄り添っています。
箱や紙、古いもの、身近な雑貨などを使って作られたオブジェは、
用途や形には特に何という決まりがなく、心の中の気付かない隙間にそっと置かれるような
そんな優しくさりげない作品です。

ぜひ、お二人の違った静かさを感じに、見にいらしてください。

 

そして、岩田さんから、追加の作品を送って下さったと連絡をいただいております。
週末には店頭に並ぶ予定ですので、どうぞお楽しみに。
(s)

 

 

※写真の作品には、販売済みのものもございます。

 

 

 

 

 

 



→ shop diary



●calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版