gallery diary

factory zoomer/gallery diary


オカベマサノリ展 明日から

明日から、オカベマサノリさんの古代ビーズのアクセサリーの展覧会が始まります。

初日からの4日間(月曜定休除く)と、最終日までの4日間は、オカベさんが在廊され、

お客様がお好みの組み合わせで選んで頂いたパーツで、オリジナルをお仕立てして下さいます。

ぜひいらしてください。お待ち致しております。

 

 

24th exhibition
okabe masanori

2018.01.19fri.-02.18sun.
11:00 →18:00

 

music :
VOICES -CHANT FROM AVIGNON- / The Benedictine Nuns of Norte -Dame de l Annonciation
casa de morar / renato braz

“オカベマサノリ”

photo by suzuki shizuka

身につける小さな神様

多治見に住む友人の首にいつもある、華やかではないけど凛とした印象のビーズの首飾りが いつも気になっていた。時には赤い細く編んだ糸にクリスタル、時にはベージュの糸にカーネリアンと、 彼女の装いにぴったり寄り添う装飾品だ。作家はオカベマサノリさん。その後、展示会を待ち、駆けつけた。 そこにあるのは、何百という古代ローマやペルシャなど、千年以上前に作られたガラスや石や金属のビーズだった。 なにより楽しいのは、自分にあった石とストリングスを選び、その場でオカベさんが、あーでもない、こーでもないと、 話をしながら、自分にあったモノを仕上げていってくれる。わたしは、首より、腕や指に何かをつけている事が好きで、 赤い糸とカーネリアンによるブレスレットを作ってもらった。その日から左腕に付けて、 ほとんど外していない。古いビーズには、邪を払い、身を守ってくれるお守りのような効果があるんではないかと、 勝手に信じ、その上、願までかけている。私にとっては、身につける小さな神様みたいな存在になっている。

辻 和美

 

●1/19(金) 〜 21(日)・23(火)・2/15(木) 〜 18(日)のオカベさん在廊中は、オリジナルをお仕立てして下さい ます。



オカベマサノリ 経歴
1964 年、福岡生まれ。30 代からアクセサリーを制作。
1300 年前に作られたチベットのDZI BEADS(ズィービーズ)と出合ってから、古い時代のビーズに魅せら れていく。おもに1000 年以上前に作られた古代のビーズを使って、アクセサリーを制作。昔の人たちが自 分の印(しるし)のようにビーズを身に着けていたように、日々の暮らしに寄り添うアクセサリー作りを心 がけている。福岡県浮羽在住。



→ shop diary

スタッフを募集します。(2018/7/10)



●calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版