gallery diary

factory zoomer/gallery diary


dogs展 伊能さんと加倉井さん

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


いよいよ戌年になり、/galleryの犬たちのもどこか誇らしそうです。

 

今回は漆芸家の伊能一三さん、ガラス作家の加倉井秀昭さんの作品をご紹介します。

 

伊能一三さん
伊能さんは金沢在住の漆芸の作家さんです。
漆という伝統素材を使い馬や鹿のどうぶつや子供などの彫刻作品を制作されています。
今回出品してくださった「へいわののりもの (いぬ)」も乾漆で作られています。
木の上に漆を塗り、その上へ金箔を張り付け、金箔が乾く前に目と鼻の部分を細い針のような物で削り、金箔の下の漆を見せて、黒目がちな可愛い目と鼻を作られているのだそうです。
お行儀良くお座りしたその姿は、まるで「待て」をしているかのよう。
今すぐにでも「よし」と言ってあげたくなります。

 

 

加倉井秀昭さん
加倉井さんは、実はファクトリーズーマに無くてはならない方なのです。
ガラス請け負い業ギャファーとしても活動されており、ズーマで大きな作品を制作する時には必ず来て頂いています。
今回出品してくださった作品を見てお分かりになって頂けるかと思いますが、

加倉井さんは犬好きでいらっしゃいます。
そんな犬好きな加倉井さんの犬たちは、とても表情豊かです。

お散歩をおねだりするような期待に満ちた見上げた目、楽しい夢でも見ているようなリラックスした寝顔など、普段から犬とたくさん触れあっている方ならではの瞬間の捉え方を感じられます。

 

見る角度によっても色々な表情を見せてくれる作品の犬達に、ぜひ会いにいらしてください。

お待ちしております。

(n)



→ shop diary



●calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版