gallery diary

factory zoomer/gallery diary


22nd kim hono展

明日、11月10日(金)から、キムホノさんの陶器の展覧会が始まります。

/galleryでは壺、/shopでは器を、それぞれ展示販売致します。

どちらも連れて帰りたくなる圧倒的に素晴らしい作品ばかりです。

ぜひ、どちらも足をお運びください。

お待ちしております。

 

22nd exhibition
kim hono

2017.11.10fri.-12.10sun.
11:00 →18:00

 

※下記の時間帯は、花教室のためご覧いただけません。

11/14(火)11:00-14:00

11/15(水)11:00-14:00

 

music :
浜田真理子 / mariko live ~月の記憶~ 2002.11.9 at bunkamura theatre cocoon
浅川マキ / 裏窓

 

“kim

photo by suzuki shizuka

自分GA自分DE ARERUNARA

以前、キムホノさんに、李朝写しを展覧会のテーマにお願いしたことがあった。技術的に高い腕をお持ちだと聞いていたので、どんなモノが出てくるかとても楽しみにしていたのだが、そこに生まれた作品は、どこから見てもキムホノそのもので、私の想像をはるかに裏切ってきた。この人はいったい・・・・・・。謎が膨らみキムホノ愛が深まった。それからは、一年に一度は工房に伺い、ご飯をご馳走になり、テーブルに出てくる器に目がハートになっている。この方の手から生まれるモノは、陶器だろうが、料理だろうが、全てキムホノで満たされている。私が一番目指す、でも成れないアーティストだ。何を作らせてもその人自身になる、器用なようで、一番不器用な人。どんな小さな展覧会でも、必ずや、全て新作を作って発表するという彼のスタイルに、魂の強さを感じずにはいられない。李朝写しなどを頼んだ私がどんどん恥ずかしくなってきた。既に世の中で美と認められたモノを再制作すれば、人の目には優しいであろう。音楽と同じで、カバーアルバムは、人の耳に馴染みがある。ただ、常に新しいモノを生み出そうとする情熱に出会った時、人の心が大きく揺さぶられる感じ、これを忘れずにいたいと思う。キムホノは、自分自身への教訓でもある。 

辻 和美

 

● 11月14日(火)・15日(水) 花人 杉 謙太郎さんによる、キムさんの壺を使った「花教室」を/galleryにて開催いたします。

詳しくはこちら


kim hono 経歴
1958年 愛知県瀬戸市生まれ。 
27歳の時に初めての個展。
2013年 factory zoomer にて展覧会。



→ shop diary



●calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版