gallery diary

factory zoomer/gallery diary


23日から安藤明子展です

オカベマサノリ展には、沢山の方に来て頂き、ありがとうございました。

そしていよいよ今週末、2/23(金)から、安藤明子さんのサロン展が始まります。

前回の展覧会から一年半、楽しみにされていた方も多いのではないでしょうか?

今回も、新作サロンやお洋服、布小物がたくさん届いておりますよ。

 

 

25th exhibition

ando akiko

 

2018.02.23fri.-03.25sun.
11:00→18:00

 

music :
glenn gould / J.S.Bach  Invention No. 1 in C Major, BWV 772
glenn gould / J.S.Bach  The Six Partitas No. 4

 

 

セルフカバー

 

安藤明子さんといえば、今はサロンの作家さんという印象が強くあるかもしれない。サロンは筒状のスカート(腰衣)のことで、インドネシアやマレーなどのアジア全般で日常着としてはかれている。明子さんは、この民族衣装を日本人に合うようにサイズや紐など、最低限ミニマムなデザインを施し、あとは、オリジナルな着付けや、重ね着を取り入れ、「百草サロン」として発表し、制作を続けている。特にガラッと大きい変化は好まないようだが、サロンにもバリエーションとマイナーチェンジがある。ある時は、プリーツを施したり、またある時は袋状になっていたりと、定型を保ちつつ、何らかの小さな変化がある。
また、minä perhonenやSPOLOGUMなどの洋服ブランドやデザイナーとのコラボレーションも明子さんならではの、人を楽しませる仕掛けだ。しかしながら一番の発見は、明子さんの衣服のほとんどの型は既に22年前に完成されているということだ。「新しい?ん?新しくない?あーセルフカバーのイイのがある」。と見せてくれたのは、小幅地の反物を余すことなく作られた2018年版の上衣であるその当時から残り布を出さないという精神は、まさに明子さんらしい。そして、そのコンセプトが、上衣として成立するギリギリの形を作りだしている。これはもう、どこもそぎ落とせませんね。22年前の型は、新しい布地により再び息を吹き込まれ、潔く、凛と生きたいと願う私たちに力を与えてくれる気がした。 辻 和美

 

●2月23日(金)14時〜安藤明子さんによる、基本の着付けや季節に合わせた着方のレクチャーを行います。

 

 

安藤明子 経歴

結婚後、自らの衣生活を模索する中で、「古今東西の布を用い、年齢体型性別問わず長く着られる定型の衣服」というコンセプトでサロンや上衣などを作りはじめる。1998年ギャルリ百草開廊。真木千秋、谷口隆、kitta、minä perhonen、SPOLOGUM、PLAIN PEOPLE、mon Sakata、舞良雅子、トラネコボンボン、atlier Une placeなどとコラボレーションを行っている。「安藤明子の衣生活」(主婦と生活社 / 2006)「美と暮らし」(ラトルズ / 2010)KIMAWASHI(mon Sakata / momogusa)」平澤まりこ画(百草 / 2011)「#百草サロン|それぞれの衣生活」(倉敷意匠計画室 / 2015)

 

photo by suzuki shizuka

 


オカベマサノリ展 明日までです

1月19日に始まったオカベマサノリ展も、いよいよ明日までの開催となりました。

 

今週木曜日からはオカベさんも在廊してくださっており、毎日、たくさんの方がオカベさんとお話しされながら、楽しそうにアクセサリーを選んでいらっしゃいます。

 

1月の在廊時にいらしてくださったお客様の2度目のご来店も多く、約1ヵ月、日々着けていらしてオカベさんのアクセサリーの良さを実感してくださった事が感じられます。

 

カウンターの前に座り、オカベさんとお話しながらビーズを選んでお仕立てして頂いたり、ご自身にピッタリのサイズに仕上げをして頂いたり、古代ビーズにまつわるお話をうかがったり。。。

とても、贅沢な楽しい時間を過ごして頂けるのも残りわずかです。

 

この機会に、ぜひご来店ください。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 


ビーズが繋ぐもの

オカベさんと古代ビーズとの出会いは、ご友人からDziビーズを見せてもらい、

ご自分のネックレスを作った事からどんどんその魅力に惹かれていったそうです。

不思議とそのネックレスが縁でどんどんと人と繫がり、自分で買い付けに行かれるまでになったそうです。

それから、そのネックレスは今でも肌身離さず身につけておられます。
そして、オカベさんの作品で特徴的なのは、シンプルな紐とビーズ、小さな金のアクセントとの組み合わせです。
ビーズを引き立たせ、お守りのように着けっぱなしでいられる丈夫な紐は、
蠟引きの化繊の紐を三つ編みにして作っておられます。
お風呂にもそのまま入って頂けるので、着脱の煩わしさもありません。
そしてとても軽く、着けているのを忘れるくらいです。

 

もともと、紐を編むのが好きで、作品制作の大半はこの紐を作ることだというオカベさん。
単にアクセサリーを作って売るというのではなく、
ビーズが紡いで来た年月のように、日々黙々と紐を編みながら、人とビーズを繋いでおられるのだなと思います。
オカベさんがアクセサリーに仕立てていらっしゃるのは、選りすぐりの一粒です。
オカベさんのビーズを見る目、選ぶ目もとても興味深いですので、
きっとご自分にピッタリの一粒に出会う道しるべになって下さいますよ。
来週、15日(木)〜18日(日)には、オカベさんが在廊されますので、
ぜひこの期間におこしください。

お待ちしております。

(s)


◯ローマングラスのビーズ
古代ローマ時代に盛んに作られるようになったガラス製品が、現代に発掘されたもので、ローマングラスと呼ばれています。
それだけ長い時間を土の中で過ごしてきたガラスは、土の成分との化学反応により、表面が美しい銀色の煌めきを纏ったものもあります。形も風合いも、ひとつとして同じ物はなく、人の手で作り出すことはできない美しさです。そんな時空を経て巡り会った一粒を身につけることは、そこに特別な意味合いなんてなくても、それだけで、深い叡智や、何かに守られている安心感を得られるような気がします。

 

 

◯モザイクビーズ

日本ではトンボ玉といわれますが、古代の人は、とても細かい模様をガラスで作っていました。

当時の技術でどうやって作られたのか、はっきりとわかっていないそうです。

 

◯ゴールドサンドウィッチ

ガラスの間に、金や銀の層が入っています。

長い年月で表面のガラスが風化し、美しいけしきが現れています。

ピアスの三連は、繫がった状態で出土してきためずらしいビーズです。

 


エッチドカーネリアンとdZiビーズ

先週末に積もった雪もだいぶ溶け、今日の金沢は久しぶりに太陽の顔を見ることができる、とても良いお天気でした。

 

オカベマサノリさんの古代ビーズを使ったアクセサリーの展覧会も、2週間が経ち、ちょうど折り返し地点です。

今回は、人工的な模様付けが美しいエッチドカーネリアンとdZiビーズ(ズィービーズ)をご紹介します。


濃淡のある橙色の石に、白い模様が愛らしいエッチドカーネリアンは、植物から採取した強いアルカリの液でカーネリアンの表面に模様を描き、低温で焼成することによって描いた模様を白く定着させ作られています。


オカベさんがお持ちくださっているビーズの歴史年表を見てみると、紀元前2500年頃にはエッチドカーネリアンが登場しています。
世界の歴史でいえばインダス文明期、日本は縄文時代が始まった頃のことです。

そんなに昔から人々は装飾の道具としてビーズを使い、美しいものを作る技術があったのかと、とても興味深いです。


エッチドカーネリアンの形は、球体、丸く平たいもの、四角いもの、細長いものなど種類が多く、その多様な大きさや形を活かして、ネックレスやブレスレットだけではなく、リングやピアスもとても素敵です。


描かれている模様によって、どの時代に作られたのかを研究されている方がいる程、描かれている模様も様々なので、一粒一粒じっくりと見たくなってきます。

 

 


dZiビーズは、チベットが発祥とされるビーズで、名前の「dZi(ズィー)」はチベットの言葉で“素晴らしさ”を意味しているのだそう。
オカベさんと古代ビーズの出会いのきっかけも、このズィービーズに出会ったことなのだそうです。


ズィービーズは、礼拝の為に大切に扱われ代々家宝として何世紀も受け継がれ、身につけることで、不幸を防ぎ祝福をもたらすことが出来ると信じられてきたのだとか。


黒や濃茶などの暗い色のビーズに、生成りのような色で描かれた模様は、どのようにして描かれたのでしょう。
少し調べてみると、めのうに特殊な染料を浸透させ、高温で焼きつけているとのこと。

元々は乳白色のめのうを黒化し、更にアルカリの強い溶液で円や線などを描いているとかかれています。

ただ、現代にその技術が受け継がれてきていないことから、どのように作られているのかは実際のところは定かではないということです。

 

 

天然石へ人工的に付けられた模様が特徴的な、2種類のビーズ。

着けてみるとその印象は対照的です。
エッチドカーネリアンは柔らかな印象で、優しい色合いがさりげないポイントに、

ズィービーズはキリリと引き締まった良いアクセントになります。

 

特に、顔の近くに来るネックレスはビーズの表情によって着けた方の印象も変わってきます。

ぜひ店頭で色々なビーズをご試着してみてください。

思いがけなく、自分の違った一面を見つけていただけるかもしれません。

ご来店、お待ちしております。

(n)

 


 

 


オカベさんのビーズ

オカベマサノリ展が始まり、1週間が経ちました。


スタートから火曜までの4日間はオカベさんが毎日在廊してくださり、

その場で仕上げやお仕立てをしてくださっていました。
オカベさんは和やかにお客様とお話ししながら、その方にピッタリの作品を見立て、

仕上げてくださいます。
そうして出来上がった作品を着けたお客様達は、皆さんとても明るい良い表情をされて、

何だかオカベさんから作品だけでなく元気も受け取っていらっしゃるようにも見えます。


オカベさんのアクセサリーに使われている、古代ビーズ。
ほとんどのものが、およそ1000年以上前の時代の石やガラスでつくられている、

とても貴重な物です。
ビーズとは糸などを通せる穴があいている小さな玉のことで、
その語源は古代英語のアングロサクソン語の「bidden=祈る」「bede=祈る人」
からきているといわれているそうです。
祈る為の道具として作られたのでしょうか。ロザリオや数珠などが頭に浮かびます。

お守りとして日々身につけていたい気持ちになるのも、何だか納得ができる気がします。


モザイクビーズやアイビーズ、dziビーズ、ローマングラスビーズ、水晶、金属のビーズ。。。
今回、様々な種類のビーズで作品を作ってくださっています。
たくさんあると迷ってしまうかと思いますが、色々お試しいただくと、

気の合う相棒に出会った時のように、直感的にピンと来るビーズがあるはずです。

 

ビーズの種類も次回以降、こちらでご紹介していければと思います。

ぜひ、店頭で色々と着けてお試しください。

 

◯次回オカベさんの在廊日は、2月15日(木)〜18日(日)です

(n)

 


オカベマサノリ展が始まりました

雪も解け、晴天の金沢。

本日より、オカベマサノリ展が始まりました。

 

ギャラリーには、オカベさんが作ってきて下さった古代ビーズのアクセサリーが

たくさん並びました。

ビーズの存在を際立たせている手編みの紐は、とても丈夫で、付けているのを忘れるくらいの軽さです。

この紐と古代ビーズの組み合わせが、オカベさんの作品の一番の特徴です。

 

どれも、オカベさんが海外で買い付けてこられた数千年前の石で作られた古代ビーズがモチーフになっていますが、

古代ビーズについての歴史や背景を知って頂ける展示もしております。

 

そして、今日から火曜日まで(月曜定休日除く)オカベさんが

在廊されていますので、心惹かれたビーズやパーツを組み合わせて、その場でオリジナルを

お仕立てして下さいますよ。

また、オカベさんがいらっしゃる時にしか展示販売しない、貴重なビーズもたくさんあります。

会期終了までの4日間も在廊されますので、ぜひ、在廊期間にいらしてください。

お待ちしております。

 

●オカベさん在廊日(オリジナルお仕立て、限定の古代ビーズ展示販売)

1/19(金)・20(土)・21(日)・23(火)

2/15(木)・16(金)・17(土)・18(日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オカベマサノリ展 明日から

明日から、オカベマサノリさんの古代ビーズのアクセサリーの展覧会が始まります。

初日からの4日間(月曜定休除く)と、最終日までの4日間は、オカベさんが在廊され、

お客様がお好みの組み合わせで選んで頂いたパーツで、オリジナルをお仕立てして下さいます。

ぜひいらしてください。お待ち致しております。

 

 

24th exhibition
okabe masanori

2018.01.19fri.-02.18sun.
11:00 →18:00

 

music :
VOICES -CHANT FROM AVIGNON- / The Benedictine Nuns of Norte -Dame de l Annonciation
casa de morar / renato braz

“オカベマサノリ”

photo by suzuki shizuka

身につける小さな神様

多治見に住む友人の首にいつもある、華やかではないけど凛とした印象のビーズの首飾りが いつも気になっていた。時には赤い細く編んだ糸にクリスタル、時にはベージュの糸にカーネリアンと、 彼女の装いにぴったり寄り添う装飾品だ。作家はオカベマサノリさん。その後、展示会を待ち、駆けつけた。 そこにあるのは、何百という古代ローマやペルシャなど、千年以上前に作られたガラスや石や金属のビーズだった。 なにより楽しいのは、自分にあった石とストリングスを選び、その場でオカベさんが、あーでもない、こーでもないと、 話をしながら、自分にあったモノを仕上げていってくれる。わたしは、首より、腕や指に何かをつけている事が好きで、 赤い糸とカーネリアンによるブレスレットを作ってもらった。その日から左腕に付けて、 ほとんど外していない。古いビーズには、邪を払い、身を守ってくれるお守りのような効果があるんではないかと、 勝手に信じ、その上、願までかけている。私にとっては、身につける小さな神様みたいな存在になっている。

辻 和美

 

●1/19(金) 〜 21(日)・23(火)・2/15(木) 〜 18(日)のオカベさん在廊中は、オリジナルをお仕立てして下さい ます。



オカベマサノリ 経歴
1964 年、福岡生まれ。30 代からアクセサリーを制作。
1300 年前に作られたチベットのDZI BEADS(ズィービーズ)と出合ってから、古い時代のビーズに魅せら れていく。おもに1000 年以上前に作られた古代のビーズを使って、アクセサリーを制作。昔の人たちが自 分の印(しるし)のようにビーズを身に着けていたように、日々の暮らしに寄り添うアクセサリー作りを心 がけている。福岡県浮羽在住。


dogs展 内田さんと三谷さん

9名の作家さんにご参加いただき、賑やかな展覧会となったdogs展も残すところ4日、

14日(日)までの開催となりました。
最後にご紹介するのは内田鋼一さん、三谷龍二さんの作品です。
(内田さん、三谷さんの作品は完売しております。ご了承ください。)

 

内田鋼一さん
世界各国の窯場に住み込み、修行を重ねてきた経験のある内田さんが今回出品してくださったのは、白い犬と黒い犬。

色だけではなく表面の質感も対極にあるような印象の作品です。
白い犬はゴツゴツとし、黒い犬は黒陶で滑らかに磨かれています。
どの犬たちも単色でつくられており、作品の大半は目や口など表情を現すパーツがなく、輪郭や凹凸で表情を表現されています。
表情の詳細が無いのでかえって立ち方や座り方、見る角度で様々な様子が想像でき、少し下から見るとちょっと威張って見えたり、とても楽しいです。

黒い犬の作品は、展示用にお借りしているのでご覧頂く事ができます。

 

三谷龍二さん
dogs展のDM写真には木工作家の三谷さんの作品を使用させて頂きました。
漆で表現された毛色の濃淡、モコモコとした冬毛の柴犬の姿がとても愛らしいです。
三谷さんの立体作品には、見ている人の心を穏やかな気持ちにしてくれる暖かさがあります。
今回の展覧会の為に制作してくださった三体の犬も、どれも柔らかな存在感のある作品で、
作品の置かれたまわりの空気までも変わって見えてくるので不思議です。

 

加倉井さん、橋本さんの追加の作品も届いております。

ぜひ、今年の主役の犬たちに会いに、いらしてください。

ご来店お待ちしております。

(n)


dogs展 トラネコボンボンさんとzoomer

dogs展も残すところあと6日、来週末までとなりました。

今回は料理人のトラネコボンボンさん、私達zoomerの作品をご紹介します。

 

トラネコボンボンさん

旅する料理人として店舗を持たずイベントレストランとして季節や場所、テーマに合わせ様々な国の料理を提案されています。そんなトラネコボンボンさんはイラストレーターでもあります。一番最近の著書が昨年末に出版されたばかりの「猫ごよみ365日」。

トラネコさんの世界観は動物も食べ物も植物もそして人間も境界線がなく、全てが広く深く繫がっていくようなそんな世界観です。今回はくったくのないひとなつこさと、しぐさ、はたまた何でもお見通しさ、という表情がたまらないdog達のイラストです。

 

factory zoomer

今回、ファクトリーズーマもdogs展にこっそり参加いたしました。

昨年から辻がお気に入りのボーダー片口やふたものを、犬をイメージした配色で制作いたしました。

 

dogs展1月14日(日)まで開催しております。

 

8(月)は営業しておりますのでぜひ足をお運びください。

9(火)祝日の振替でお休みになります<y>


dogs展 伊能さんと加倉井さん

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


いよいよ戌年になり、/galleryの犬たちのもどこか誇らしそうです。

 

今回は漆芸家の伊能一三さん、ガラス作家の加倉井秀昭さんの作品をご紹介します。

 

伊能一三さん
伊能さんは金沢在住の漆芸の作家さんです。
漆という伝統素材を使い馬や鹿のどうぶつや子供などの彫刻作品を制作されています。
今回出品してくださった「へいわののりもの (いぬ)」も乾漆で作られています。
木の上に漆を塗り、その上へ金箔を張り付け、金箔が乾く前に目と鼻の部分を細い針のような物で削り、金箔の下の漆を見せて、黒目がちな可愛い目と鼻を作られているのだそうです。
お行儀良くお座りしたその姿は、まるで「待て」をしているかのよう。
今すぐにでも「よし」と言ってあげたくなります。

 

 

加倉井秀昭さん
加倉井さんは、実はファクトリーズーマに無くてはならない方なのです。
ガラス請け負い業ギャファーとしても活動されており、ズーマで大きな作品を制作する時には必ず来て頂いています。
今回出品してくださった作品を見てお分かりになって頂けるかと思いますが、

加倉井さんは犬好きでいらっしゃいます。
そんな犬好きな加倉井さんの犬たちは、とても表情豊かです。

お散歩をおねだりするような期待に満ちた見上げた目、楽しい夢でも見ているようなリラックスした寝顔など、普段から犬とたくさん触れあっている方ならではの瞬間の捉え方を感じられます。

 

見る角度によっても色々な表情を見せてくれる作品の犬達に、ぜひ会いにいらしてください。

お待ちしております。

(n)


| 1/13PAGES | >>

→ shop diary



●calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版